« 映画「着信アリ」を観た | トップページ | 映画「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」を観た »

映画「Shall we Dance? シャル・ウィ・ダンス?」を観た

題名:Shall we Dance? シャル・ウィ・ダンス?
原題:SHALL WE DANCE?
1時間46分
2004年アメリカ(初公開年月 2005年4月23日)
監督:ピーター・チェルソム
製作:サイモン・フィールズ
原作:周防正行
脚本:オードリー・ウェルズ
出演:リチャード・ギア、ジェニファー・ロペス、スーザン・サランドン、スタンリー・トゥッチ、ボビー・カナヴェイル、リサ・アン・ウォルター、オマー・ミラー、アニタ・ジレット、リチャード・ジェンキンス、タマラ・ホープ、スターク・サンズ、ニック・キャノン、ジャ・ルール

http://www.miramax.com/shallwedance/
http://www.shallwedance-movie.jp/
Amazonで検索

評価:評価星評価星評価星

リメイク版として、日本ではとっても有名だよね。
だから、俺としても、リメイク版としての目でしかみれなかった。
原作とどこがどうちがうとか、あそこは一緒だったとか・・・。
そんなんじゃ、作品を正しく評価なんか出来ない。
とも思うんだけど、原作が、日本の映画のわりには
面白かったから、どうしても、ハリウッド版の悪いところだけよく目立つ。

実際、映画の時間も、原作が2時間16分に対して、
ハリウッド版は1時間46分とかなり短め。
そうとう端折らないと入らない内容なんだよね。
だから、原作の情緒的な間は一切なしって感じ・・・。

設定は存在するけど、映画の中での説明はないってところも多くあったね。
田舎に住んでて、毎日自転車に乗って駅まで行って、
ギューギューの満員電車で会社まで通勤する姿もなし。
どっちかっていうと、ゆったりとした電車に座って乗ってて、
弁護士として裕福な生活をおくってるって感じだった。
だから、裕福な人間の我儘な不満から出た隠し事ってイメージを持ったよ。
原作は、家族の為だけにやっと育んだ幸せから
ちょっとしたご褒美を自分自身にプレゼントしたかった・・・。ってイメージ。

最初にジョン・クラーク(リチャード・ギア)がダンス教室に入る時も、
原作の杉山正平(役所広司)はレッスン料の金額が高くてかなり迷うけど、
ハリウッド版にはない。
そこら辺からも、杉山正平の贅沢に対する気持ちがうかがい知れるよね。
ポリーナ(ジェニファー・ロペス)も岸川舞(草刈民代)と違って
あんまり、場末のダンス教室にいる事の不満をあらわにしてない。
受付の時に、岸川舞は初対面の杉山正平にツンとした態度で、
笑いもせずに手続きをしてるけど、ポリーナはいきなり
「May I help you?」
なんて言いながら微笑んだ。
だから、最後の、ポリーナが笑顔に変わった姿もさほど感動を覚えないよね。

だいたい、デパートで踊りだす夫婦なんていないだろ・・・。
え?アメリカだから許される???
そんな馬鹿な。それこそ逮捕されるんじゃないのかな?

★の数は原作に敬意を表して、2.5個・・・。

|

« 映画「着信アリ」を観た | トップページ | 映画「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」を観た »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「Shall we Dance? シャル・ウィ・ダンス?」を観た:

« 映画「着信アリ」を観た | トップページ | 映画「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」を観た »