« 映画「銀河ヒッチハイク・ガイド」を観た | トップページ | Jeff Goldblumって・・・ »

映画「ファム・ファタール」を観た

題名:ファム・ファタール
原題:FEMME FATALE
1時間55分
2002年フランス/アメリカ(日本初公開 2003年8月23日)
監督:ブライアン・デ・パルマ
製作:タラク・ベン・アマール,マリナ・ジェフター
製作総指揮:マーク・ロンバルド
脚本:ブライアン・デ・パルマ
撮影:ティエリー・アルボガスト
編集:ビル・パンコウ
音楽:坂本龍一
出演:レベッカ・ローミン=ステイモス,アントニオ・バンデラス,ピーター・コヨーテ,エリック・エブアニー,エドュアルド・モントート,ティエリー・フレモン,グレッグ・ヘンリー,フィオナ・カーソン,リエ・ラスムッセン

http://www.eiga.com/review/femmefatale.shtml
Amazonで検索

評価:評価星評価星

YMOのファンとしては、坂本龍一さんが音楽をやってる
って事だけで大注目なんだけど、
観終わった感想としては、音楽がイマイチだった。
なんだかどっかで聞いたような曲っていうか
モロあの曲のパクリって感じだったしねぇ。
ガックリです。

ストーリーとしては、いきなりの緊迫した雰囲気にちょっと期待したし、
ニコラス・バルド(アントニオ・バンデラス)がはめられていく様や、
それでも、ロール・アッシュ(レベッカ・ローミン=ステイモス)の
悪事を暴こうとするのが、まぁまぁ面白かったかな。
最後に橋の上でニコラスが撃たれるところなんか、
この後、どうなるんだろう?・・・と思ったんだけど、
なんと最後は夢オチ・・・。

夢で存在しなかったロールが現実ではフランスに残るから
ヴェロニカ(リエ・ラスムッセン)も死なずに済んだし
ハッピーエンドになった・・・。なんて無理やり?
え?ハッピーエンド?ずるい女が生き残っただけでしょ。

|

« 映画「銀河ヒッチハイク・ガイド」を観た | トップページ | Jeff Goldblumって・・・ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ファム・ファタール」を観た:

« 映画「銀河ヒッチハイク・ガイド」を観た | トップページ | Jeff Goldblumって・・・ »