« 映画「トゥルーマン・ショー」を観た | トップページ | 映画「ゼブラーマン」を観た »

映画「白いカラス 」を観た

題名:白いカラス
原題:THE HUMAN STAIN
1時間48分
2003年アメリカ(日本初公開 2004年6月19日)
監督:ロバート・ベントン
製作:ゲイリー・ルチェッシ,トム・ローゼンバーグ,スコット・スタインドーフ,
製作総指揮:ロナルド・M・ボズマン,スティーヴン・ハッテンスキー,エバーハード・ケイサー,アンドレ・ラマル,マイケル・オホーヴェン,リック・シュウォーツ,ボブ・ワインスタイン,ハーヴェイ・ワインスタイン
原作:フィリップ・ロス 『ヒューマン・ステイン』(集英社刊)
脚本:ニコラス・メイヤー
撮影:ジャン=イヴ・エスコフィエ
音楽:レイチェル・ポートマン
出演:アンソニー・ホプキンス,ニコール・キッドマン,エド・ハリス,ゲイリー・シニーズ,ウェントワース・ミラー,ジャシンダ・バレット,アンナ・ディーヴァー・スミス,ケリー・ワシントン

http://www.miramax.com/the_human_stain/
Amazonで検索

評価:評価星評価星

題名といい、出演者といい、とっても面白そうな予感がしてた。
確かに期待した通りの内容の雰囲気だった。
でも、ちょっと淡々とし過ぎたのかな。
淡々とするなら、もっと雰囲気を出して欲しかったし、
間を持った流れにして欲しかったと思う。
原作を知らないから、対比は出来ないけど、
読んだ事ある人はどう思ったんだろう?

過剰なモラルに対しての批判というかなり変わったテーマ。
内容としてはかなり難しいところに焦点が置かれたと思う。
何も解決しないで物語は突然終わるけど、
その突然さは人生の刹那を感じさせるね。

過去と現在の二部構成になっているのは、
コールマン・シルク教授(アンソニー・ホプキンス)の秘密と
現在の彼の環境への皮肉を表してる。
その対比はとても面白かったと思う。

最後に秘密が告白されるが、
果たして、真実がそこで必要だったのだろうか?

|

« 映画「トゥルーマン・ショー」を観た | トップページ | 映画「ゼブラーマン」を観た »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「白いカラス 」を観た:

« 映画「トゥルーマン・ショー」を観た | トップページ | 映画「ゼブラーマン」を観た »