« 映画「アニー・ホール」を観た | トップページ | スターウォーズ:どのエピソードが好き? »

映画「CURE」を観た

題名:CURE キュア
1時間51分
1997年日本(日本初公開 1997年12月27日)
監督:黒沢清
脚本:黒沢清
撮影:喜久村徳章
美術:丸尾知行
編集:鈴木歓
音楽:ゲイリー芦屋
出演:役所広司,萩原聖人,うじきつよし,中川安奈,螢雪次朗,洞口依子,でんでん,大杉漣,戸田昌宏,大鷹明良,河東燈士,春木みさよ,田中哲司

Amazonで検索

評価:評価星評価星評価星

今まで見た黒沢さんの映画の中では一番面白かった。
他の作品は狙いすぎっていうか、みえみえな感じがあったけど、
この作品はそこらへんをあっさりさせてたが故に
ひそかに根底に流れるコアな部分が最後に向かうにつれ
にじみ出てきた感じがする。
以前に、「ドッペルゲンガー」についてはここに書いたけど、
「回路」ついては、ここに書くほどの気力も起きないくらい
つまらないわざとらしい作品だった。
そう考えると、映画を撮る毎に面白くなくなっているのか?

ただ、間宮邦彦(萩原聖人)の登場はもう少し後でもいいんじゃないかな?
それに、彼とのやり取りはちょっと舞台的な台詞の連続で、
映画としてみてると、やや大げさでわざとらしい感覚に襲われる。

|

« 映画「アニー・ホール」を観た | トップページ | スターウォーズ:どのエピソードが好き? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「CURE」を観た:

« 映画「アニー・ホール」を観た | トップページ | スターウォーズ:どのエピソードが好き? »