« 千円のハンバーガー | トップページ | 火事だ! »

浅草でタンタンメンと怪しい看板

3月19日
先日購入したオーブンに使う食器を買うために、
河童橋へ出かけてきました。

と、その前に、おなかが空いたので、
なんだか行列の出来ているラーメン屋さんに入りました。

2005.03.19(13:36.1) 外観(浅草橋 水新菜館)

やっぱ、行列が出来てるくらいだから、美味しいんだよね?
あまり並ぶのは好きじゃないんだけど、
回転がよさそうだから、さほどまたされないとふんで
早速列の後ろへ・・・・

2005.03.19(13:36) メニュー(浅草橋 水新菜館)

値段は、それなりにするのね。
今日は、タンタンメン(840円)と小籠包(4ヶ1,050円)にしよう!

店内はテーブルとカウンターのお店。
混んでる時間は相席は当然の様だね。
所狭しとテーブルが配置されてるけど、
思ったより狭さは感じない。

混んでる所為か、少し待たされた。
まぁ、ちゃんと作ってるって事だから、致し方ないね。

まずは、小籠包から!
2005.03.19(13:19) 小籠包(浅草橋 水新菜館)

なんだか天辺ににょろにょろしてるものがある。
中の肉汁が噴出したのか?
暑いかなぁ~~~と、思いつつ、一口で!
あれ?そんなに熱くないや。
味はまぁまぁかな。可もなく不可もなくって感じ。

いよいよタンタンメンの登場です。
2005.03.19(13:17) タンタンメン(浅草橋 水新菜館)

あれ?あれ?
俺の知ってるタンタンメンとは似ても似つかない。
胡麻の風味もなければ、ピリ辛って感じもあまりない。
味は塩味。麺はどこにでもあるような麺で特質すべき点はないかな。
一番目に付いたのは、とき卵。けっこういっぱい入ってる。
なんだか、これは主役なんじゃないか?と思うくらい。
全体として美味しかったけど、タンタンメンとはちょっと思えないな。

でも、まてよ?俺が思ってるタンタンメンは思い込みで、
実は、タンタンメンとはこういうものなのか?
と、そこで、辞書を調べてみると、
「担担麺とは、芝麻醤(ジーマージヤン)・醤油・ラー油などで調味し、
ザーサイのみじん切りをのせた四川風そば。昔、担いで売り歩いたことから。」
(「@nifty辞書」より)
だそうだ。やっぱり、これはタンタンメンじゃないと思う。
まぁ、美味しかったけどさ。

おなかがふくれた後は散歩がてら歩いて河童橋へ向かった。
すると、やたら誘ってる看板が!
2005.03.19(13:45) 怪しい看板(浅草から河童橋に行く途中)
怪しい・・・。夜に見たらその魔力に逆らえないかも?

今日のお店:水新菜館

|

« 千円のハンバーガー | トップページ | 火事だ! »

コメント

浅草ってこういう下町風なお店が
あうんかな・・一人では入れないなぁ・・

お2階へどうぞ。。はいい。
喫茶店と信じてはいる。うん・・
茶店なら・・なんでラーメン屋に
ひとりで入れず茶店は平気なのかは(?_?)

あさっては「赤い魚」という店へ行くだす・・
http://www.eboshi.com/minami.htm

ブログに画像が貼れるようになったし。

投稿: | 2005.03.28 03:06 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47083/3461905

この記事へのトラックバック一覧です: 浅草でタンタンメンと怪しい看板:

« 千円のハンバーガー | トップページ | 火事だ! »