« 謹賀新年 | トップページ | たぁ~らこぉ~、たぁ~らこぉ~ »

温泉旅館の食事

寒くなってきた今日この頃・・・。
そばを食べに福島へ旅行してきました、その5です。
その4はこちら・・・

旅館の温泉を充分に楽しんで部屋に帰ると
食事の用意ができてました。
最近の旅館は食堂まで足を運ぶ所がほとんどだけど、
今回泊まった旅館は部屋でゆっくりと食事を楽しめる所。
(っていうか、今まで行ってた旅館のレベルが低かったのか?)

早速、地ビールを注文。

2005.12.10(18:59) おらがビール

ちょっと、黒ビールっぽい感じ。
俺はちょっと苦手かな・・・。黒ビール好きな人は、お試しください。

山の中だけあって海の料理はでず、
鯉の甘煮なんてのが出てきた。

2005.12.10(18:57) 伝承の一品・鯉の甘煮

見た目はグロテスクなんだけど、伝承の一品です。
全体的に料理の種類と量は多かったんだけど、
鯉の甘煮はでかいから仲居さんに言ってお持ち帰りにしてもらいました。
真空パックにしてくれるらしい。

向付けは、鯉のお刺身。

2005.12.10(19:02) 冬の向付「鯉のお刺身」

なかなか鯉の刺身ってお目にかかれないけど、
けっこう美味しかった。
淡水魚の泥臭さ的なものもないしね。

お鮨も出てきた。

2005.12.10(19:30) 冬のお凌ぎ「黄金蒸し寿司」

お鮨って言っても、握り鮨じゃないんだけどね。
つぶつぶした魚の卵が楽しい一品。

他にも、山芋の寄せ豆腐、有機長ネギの味噌グラタン、鰊の山椒漬け、
あったかベコ鍋(牛肉は入ってないんだけど、牛乳が入ってる様子)、
百合根入りがんも、などなど・・・・。デザートは西洋梨のジュレ掛け。
かなり、腹いっぱい!

ごちそうさまでした。
つづく・・・

今回の旅館:向瀧

|

« 謹賀新年 | トップページ | たぁ~らこぉ~、たぁ~らこぉ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47083/8000899

この記事へのトラックバック一覧です: 温泉旅館の食事:

« 謹賀新年 | トップページ | たぁ~らこぉ~、たぁ~らこぉ~ »